LITALICO仕事ナビ
プロダクト開発グループ マネージャー
塚本 雄大

  • 2015年新卒入社
  • 名古屋工業大学大学院
  • 機能工学専攻
IT/コーポレート職

自分の人生のメモリを、
社会のために使いたい

入社のきっかけ

就職活動を始めたころは工学分野で技術職として働くよりも、より早く社会にインパクトが残せるようなことを成したいという思いから、ビジネス職を志望していました。また、自分の就職先をしっかり選ぶためには実際に中で働いている人から話を聞かないとわからないことも多いだろうと考え、1000人程の方と直接会って話をしていきました。その過程で学生団体を立ち上げたり、経営コンサルタントの方と一緒に仕事をしたりしました。そのまま、ビジネス職で内定をもらい、残りの学生の時間を使って友人と事業を作ろうと様々なアイディアを出し、議論を重ねていました。
サービスのアイデアが固まってきた頃、市場調査も兼ねて参加したTechCrunchというスタートアップのイベントで、自分達が考えているアイディアと同じ内容のプレゼンを見ました。聞けばそれはもうリリース間近とのこと。このスピード感では絶対に勝てないと知り、つくることを止めました。「実装力を伴わないアイディアに価値はない」という現実を目の前に突きつけられ、本当に悔しい思いをしました。それがきっかけで、僕は知識も経験も0でしたが、事業をつくる、実装力を持つエンジニアになろうと心に決めました。
そんなとき、とある採用イベントでLITALICOに出会いました。持続可能なビジネスとして社会課題に取り組む会社はそれまで100社以上見てきた中でLITALICOだけで、その覚悟と姿勢に強く共感しました。また、これから本格的にエンジニア採用を始めるという話を聞き、知識ゼロからでも自分次第でチャンスは無限にあると思い、LITALICOの選考を受けました。「やりたいこと」と「タイミング」がマッチしたというのが、僕がLITALICOの入社を決めた理由です。

今、取り組んでいる仕事は?

現在は「LITALICO発達ナビ」のエンジニアとして、事業の成長のために企画・開発をおこなっています(2018年当時)。LITALICO発達ナビの開発チームは、特定の目的別に企画とエンジニアが少人数でチームを組むいわゆるプロジェクト型の構成で動いています。
現在所属しているプロジェクトでの僕の役割は、ユーザーの課題を解決するためのアイディアや仮説を実現させるための実行計画を立て、自分もエンジニアとして開発に加わり、プロジェクトを推進させることです。サービスの設計・実装・効果検証を一気通貫で行うことで、ユーザーに素早く価値提供出来るような開発手法に特にこだわって日々取り組んでおります。
サービスの成長を描きながら開発をリードすることに、責任の重さは日々感じています。しかし、自分が心から愛せるプロダクトに関わり、それを一流のサービスに成長させる為に心血を注ぐということに、それを補って有り余るほどのやりがいを感じています。

なぜ、LITALICOで働くのか?

理想に一緒に向かってくれる仲間の存在と、それを実現するために自分自身が成長出来る環境の2つが、LITALICOで働く理由です。
昔から僕は「明日なくなってしまっても困らないサービスは、本質的にはサービスとは言えない」と思っていました。そんなサービス作りに自分の人生のメモリを使うよりも、様々な障害に苦しんでいる方の障壁を無くすことに使いたい。自分の生き方に丸をつけられるようなサービスを作りたいと思っています。
こういうことを言うと、『それは綺麗事だよね』という人も中にはいます。しかしLITALICOでは、笑わず真剣に聞いて向き合ってくれる、一緒に実現に向けて走ってくれる、そんな仲間がたくさんいます。そして上を見れば事業創造のプロフェッショナル達がいて、その側で非線形の成長を実現する環境もあります。
ここ数年内の目標は、LITALICO発達ナビを業界で一流だと認知される様なサービスにすることです。社会課題を解決し、事業としてもちゃんと収益がある。その双方を実現出来るようなプロダクトにLITALICO発達ナビを成長させたいと思っています。

今すぐエントリー