LITALICOジュニア
HRグループ
前田 さおり

  • 2016年新卒入社
  • 慶應義塾大学大学院
  • 社会学研究科心理学専攻
専門/研究職

LITALICOでは毎日が刺激的で、
一瞬も飽きたことがありません!

入社のきっかけ

子どもの発達に興味があり、大学では臨床発達心理学・ABA(応用行動分析学)を専攻していました。
講義で学んだ理論を実際に肌で感じたいと思い、発達障害児を支援する学生団体で活動しました。学生団体では、経済的・地域的に療育へ通うことが難しいご家庭が多いことを知り、訪問療育制度を立ち上げました。大学1年生のとき、初めて担当したお子様が、それまで人間に見向きもしなかったのに、訪問療育を重ねるうちに「ママ!」と呼びお母様に抱きついた時には、お母様と一緒に嬉し泣きをした思い出があります。
就職活動では自分の専門分野を活かせる仕事に就きたいと考え、NPO法人や療育センターに見学へ行きました。しかし、たとえ熱意や専門性があったとしても、既存のルールや画一的な手段のもとでは、スピード感を持って行動するには限界があると感じました。
そこで民間企業にも目を向けたとき、特定の手段にこだわらず、多様な人が共通のビジョンに向かいながら常に新しいサービスを創造していくLITALICOに出会い、入社を決めました。

今、取り組んでいる仕事は?

現在は首都圏を中心に、教室を訪問し、お子様の授業を受け持ったり、指導員の育成をしたりしています。授業を通じて、学生時代に出会ったお子様以外にも、様々な個性に出会い、それだけ自分の知識やアプローチの幅も広がりました。
指導員の育成では、お子様だけでなく支援者にも個性があることを実感しています。支援者一人ひとりが自分の支援に根拠や自信が持てた時(いわゆる「問題行動」を起こすお子様の本音に気付いた時、成長を喜べた時等)、支援者の数だけ幸せなお子様も増えると思います。
周りのスタッフが自分を本気で応援して育ててくれる分、自分も広く深く学び、吸収し、周りのスタッフやお子様・親御様にどんどん還元していきたいと思いながら働くことができています。「LITALICOというチームで勝つ」強さにやりがいを感じているからです。これまで学んできたABA以外にも、積極的に外部の研修を受けに行ったり、異なるバックグラウンドの社員から学んだり、自己成長の機会も増えました。
LITALICOでは毎日が刺激的で、一瞬も飽きたことがありません!

目指していくこと

「お子様の発達を着実に伸ばすサービスの質を上げていく」こと、そして「支援者の個性を最大限に活かす」こと、この2点を両立できる方法を模索していきます。
多様性がちからに変わる時に一番、「世界を変え、社員を幸せに」できると信じて、今後も邁進していきたいと思っています。

今すぐエントリー