社員インタビュー

執行役員
LITALICOライフプランニング 事業部長

坂本 祥二

前職:カーライル・グループ

京都大学総合人間学部

_Question なぜ働くの?
_Answer

人生を何に使うかを考えた

マイナスをゼロに引き上げることに価値がある

本来自分が興味のあった
分野に戻った

前職は、モルガン・スタンレー証券株式会社で投資銀行業務を担当し、M&Aアドバイザリーや資金調達の実行等に従事しました。次に、カーライルという企業買収ファンドへ転職し、投資案件の評価、買収の実行、投資後の企業価値向上施策の実行などに携わりました。

一方で、人生における信条は「マイナスをゼロに引き上げることに価値がある」ということです。僕自身は、ビジネスというよりも人間そのものに強く興味を持っています。大学時代も、社会学、哲学、精神分析等を学ぶことに熱中していました。前職のような仕事を選んだのは、学生時代に自身の精神分析を繰り返し、インターンをたくさん経験した結果、最も自分が自然体で打ち込める仕事が外資系金融だという答えにたどりついたからです。
障害と認定できるまでではありませんが、自分自身も特性があり生きづらい時代を過ごしてきました。考え方が特殊といわれたり、記憶力に難があったりします。メモをとる、記録を効率的に残すなど努力・工夫をしてきました。働きだしてから苦労したこともたくさんあります。
自身に苦しい時代があったからこそ、困難を抱えていたり承認されていなかったりする人を、ニュートラルにしたいという気持ちが昔から強くあります。
2014年の末、たまたまLITALICOの社長と会う機会があり、初対面で4時間ほど話しました。事業内容に強く共鳴するとともに、不思議と波長が合いました。ここなら、自分自身が本当に興味がある分野で、自分らしさを大切にしながら仕事ができる。そう強く感じ、この日から3ヶ月後、LITALICOに入社しました。

組織をつくり、
チームの成果を最大化する。

現在の仕事は「組織をつくる」「組織を変える」「新しい仕組みを導入して成果を出す」ことです。たとえば、コーポレート部門の管掌や、パートナー企業であるOlive Union社やユニファ社への投資事業。中でも最近、力を入れているのは、新規事業であるLITALICOライフプランニングの立ち上げです。
立ち上げなので本当に多くの領域に関与していますが、その中でも一番の注力は仲間集めと仕組みづくり。ひとりでは何もできないので、素晴らしい才能を集めたうえで、強みを活かす役割分担と成果を最大化できる仕組みをつくることに最も時間を使っています。
ひとりひとりが強みを活かし自分らしく輝けるよう、制度・仕組みをゼロベースから構想、整備していて。四半期ごとに自らが所属するチームを選択・変更できる「チーム選択制」や、労働時間に縛られない「完全フレックス制」など。ありのままの自分を表現するようになったり、自らの強みをより極めていこうとしたりする社員を見ていると、ひとつひとつ積み上げてきて良かったな、と思います。社員ひとりひとりが自分らしく輝いていると感じられたときが一番やりがいを感じますね。

LITALICOという概念を、
世界へ。

LITALICOは、「利他」と「利己」を組み合わせた造語です。この言葉が、日本語から英語に入った借用語になって欲しいと願っています。トヨタやホンダが世界に打ち出した考え方<カイゼン>のように、LITALICOという概念が世界に普及し、同じ考えや感性を持つ人が増えると、今よりも人がずっと幸せになる土壌ができると思う。
社員だからいっているのではなく、この考え方について、僕はこの先どの業界、組織に行っても伝道したいと思っています。そう思える概念に出会えたこと自体、この会社に入って良かったと感じています。
障害はいわば状態のひとつであり、すべてのひとが何らかの点でマイノリティだと考えています。いずれはLITALICOのサービスを障害の有無に関係なく、すべての人に使っていただけるものへと進化させ、誰もが自分らしい人生を歩んでいる状態をつくりたいと思います。