社員インタビュー

執行役員CTO

岸田 崇志

前職:GREE

広島市立大学情報科学研究科博士 情報工学

_Question なぜ働くの?
_Answer

研究と技術を実践につなげる

技術の力でいきいきと人生を送る人を増やしたい

より社会に貢献する仕事を

20代はインターネット分野の研究者として活動していました。
これからはテクノロジーの時代だと思い、テクノロジードリブンで起業したいと考え、博士号を取得しました。そのため研究分野だったテクノロジーを社会に活用していくことをまずやろうと考えネットワーク工ンジ二アとして就職しました。その後、ネットワーキング技術からWeb技術に急激にシフトをしていることを感じ、エンジニア主導でサービスを開発しているGREEに転職しました。

エンジニア兼事業責任者として「釣り★スタ」「探検ドリランド」など主力タイトルに携わりました。事業規模も大きく、サービス作りの基礎を学んだ時期です。執行役員として事業責任者を歴任する傍らエンジニアやクリエータの育成にも注力しました。技術発展による変化が激しい中で、アイデアをカタチにできる人材の重要性が増すと考えたからです。多くのサービスをリリースする中でチームを作ること自体がサービス作りの原点だということを学びました。チームで一つのものを作り世に出すのは人生でも貴重な機会です。
サービスを世に出すことだけをゴールにせず、そのプロセスの中でお互いを理解しアイデアをぶつけ合いチームが成長することが、結果としてサービスの成長につながります。大学の専攻も教育xテクノロジーの領域でやっていたため、教育分野をはじめとした社会に貢献する仕事をしたいとも思っていました。
そんな時にLITALICOワンダーに見学に行き「これだ!」と思ったのがきっかけです。LITALICOでは真の意味で作り手もユーザーさんも幸せにする”ものづくり”を実践していきたいです。

次世代の教育を切り拓いていく

現在はCTOとして新規事業及び社内インフラシステムを管掌していて、LITALICOをテクノロジー x 福祉・教育の企業に引き上げることを目指しています。福祉領域で技術力やプ口ダクト開発力を持っている企業はまだ少ないため、そこを実現できるととても多くの人々を救えると思っています。テクノロジーが介在することでより良くなる部分はまだまだ多いです。
その中でも主にインターネット事業部でサービスを作れる組織を作っていたり、CTO室で次世代教育アプリを作っています。LITALICOでは店舗事業をずっとやっていたのでリアルな顧客との接点を沢山もっているという強みがあります。そこにテクノロジーを掛け合わせていきます。実際に教室で子どもたちが夢中になって自分たちの作ったプロジェクションマッピングの仕掛けを通じて学んでいる姿を見てほくそ笑んだりしています(笑)
次世代の教育を切り拓くことは自分たちのミッションと考えています。ここ30年くらいでテクノロジーはとても進化してきました。子どもの時に携帯電話なんて夢のような道具でした。それが当たり前に実現しています。しかし、子どもが小学校に入学して思ったのは教育はそんなに変わっていないということ。時代に合わせてもっともっとできることはある。一つずつ変えて未来の日本を作っていきたいという思いでやっています。やりたいこととできていることにまだまだ垂離があるため、もっとたくさんサービスを作ってみなさんにお届けしたいですし仲間集めも育成にも貢献していきたいです。

テクノロジーの力で
社会を変えていく

私がLITALICOで働く理由は、テクノロジーの力でハンディキャップをハンディキャップと感じることなく、いきいきと人生を送れる人を一人でも増やしたいと考えているからです。LITALICOの取り組む領域はとても多くの課題があるにも関わらず、属人的な部分もまだまだ多いのでテクノロジーの介在の余地が大きく、我々エンジニアとしてもやりがいを感じます。
また、LITALICOにはバックグラウンドは違えどビジョンにまっすぐな仲間が多く、自分自身も良い刺激をもらえるのも良いところだと思っています。だからこそここにテクノロジーが掛け合わさることの可能性をより強く感じるのかもしれません。
自分も子どもを育てる中で教育業界に課題意識を持ったこともありますが、本質的にはテクノロジーの力をより意味のある、社会貢献性の高いことに使っていきたいと思ったからLITALICOにいるんだと思います。これはある意味、世の中の役に立ちたいと思って1社目に就職した時の気持ちと同じで、社会人経験を経て世の中を知った自分にとっては必然の選択だったのかもしれません。しかし、この業界に熱意をもって取り組むエンジニアはまだ少ない状態です。一人だけの力では世の中は変えることが出来ません。同じ課題感を持つ仲間と出会いテクノロジーの力で解決していきたいと思っています。