11/11「第9回研究交流会」参加者・学生運営ボランティア大募集!

イベント情報

この度、11月11日(土)にLITALICO研究所主催「第9回研究交流会」を開催いたします!

LITALICO研究所では、サポート研究員の皆様がそれぞれの領域で取り組まれ、
探求されてきた知見を共有し、議論し、交流する機会を設けていきたいとの考えから、
2016年3月より研究交流会を継続して開催しています。
研究交流会は、立場や専門分野を超えた皆様の学びと交流の場としての
継続的なコミュニティづくりも目的として運営しています。

今回のテーマは、「『ちがい』を活かした働き方 ~よく発達した発達障害のこれまでとこれから~」です。
ここでの「よく発達した発達障害」とは、「社会に溶け込んでいる『発達障害と診断され得る』人々」を指します。
オンラインメディアHuffington Postに寄稿されている、精神科医の熊代先生によると、
「病院で発達障害と診断する基準に当てはまるような人が世間にはたくさん埋もれていて、
そのなかには、うまくやっている人もかなり多い」そうです。

例えば、「診察室で自閉症スペクトラム障害(ASD、いわゆるアスペルガー障害や高機能自閉症を含む)として診断される人と
同じ性質を持っていながら、まったく精神科とかかわりを持つことがないまま、うまく社会に適応している人」や、
「現代の診断基準では注意欠陥多動性障害(AD/HD)と診断されそうな人」でありながら
「メディア関連の仕事で活躍していたり、多忙な職場を支えていたり、企業のかなり偉いポジションで働いていたりする」人を、
熊代先生は診察室の外で何度となく目にされてきたそうです。

今回の研究交流会では、これらのケースを中心にワークショップ形式でディスカッションを行い、
「ちがい」を活かした働き方について、参加者の皆さんと一緒に考えていきます。

当日は熊代先生ご本人もご登壇されますので直接お話を聞ける貴重な機会です。
①参加者・②学生運営ボランティアを募集しておりますので、下記詳細をご確認の上、ぜひお申込みください!

—————————————————————————————
▼LITALICO研究所 研究交流会 vol.9 詳細
—————————————————————————————

※本イベントへのご参加は、LITALICO研究所「サポート研究員」へのご登録が必要です。
未登録の方はサポート研究員登録フォームからご登録ください。

●日時●

2017年11月11日(土)
開場12:45 開始13:00

●場所●

株式会社LITALICO 東京本社
東京都目黒区上目黒2-1-1 中目黒GTタワー16F
東京メトロ日比谷線・東急東横線「中目黒駅」から徒歩1分
MAP:こちらからご覧ください。

●タイムテーブル●

12:45 受付開始
13:00 – 13:35 オープニング・アイスブレイク
13:35 – 13:50 本日のテーマ説明
13:50 – 14:20 熊代先生によるレクチャー
14:20 – 15:00 ワークショップ①
15:00 – 15:10 休憩
15:10 – 15:40 LITALICOによるレクチャー
15:40 – 16:20 ワークショップ②
16:20 – 16:50 振り返りネットワーキング
16:50 – 17:00 ラップアップ・クロージング
※タイムテーブルは予定です。
開始時間は変更しませんが、講演と質疑応答の時間配分を変更する場合もございます。

●参加費●
2,000円(軽食・飲み物代含む)
※学生運営ボランティアの方の参加費は、1,000円です。

●定員● ※定員に達し次第、申込みを締め切らせていただきます。
・一般 35名(先着順)
・学生運営ボランティア 5名(先着順)
※当日12時00分に集合いただき、運営のアシスタントのご協力をお願いいたします。

●参加方法●
こちらの申込フォームからお申し込みください。
※Facebookでの「参加予定」のクリックのみでは、ご参加いただけません。必ず申込フォームからお申し込みください。

●ゲスト:熊代先生のご紹介●
精神科医。はてなダイアリーで『シロクマの屑籠というタイトルでブログを連載中。
オンラインメディアHuffing Postにもブロガーとして寄稿。

●問い合わせ先●
LITALICO研究所 事務局(info.lab@litalico.org)

みなさまのお申込みをお待ちしております!!