【インターン募集】2017年度LITALICO研究所実践・研究インターンを募集!

会社説明会(新卒)

この度、支援の実践経験を積みながら、
LITALICO研究所ゼミの受講生として研究を行うインターン生を若干名募集いたします。

ビジョン「障害のない社会をつくる」の実現を目的に2015年に開設したLITALICO研究所では、
2016年度は14名のLITALICO社員(常勤12名・非常勤2名)がLITALICO研究所ゼミの第1期生として、
鳥取大学大学院医学系研究科臨床心理学講座井上雅彦教授等を講師とし、それぞれが追求したい研究テーマを研究活動をすすめてまいりました。

■支援を学術的な視点から深めていき、それを広げていきたい
■大学院に進むか迷っており、研究を実践に生かすという経験を積んでみたい
■会社で働きながら研究をしてみたい
等にご関心がある方、ご応募お待ちしております!

●2017年度ゼミ概要●

スケジュール

※日程・内容は変更の可能性があります。

●講師●


井上 雅彦
鳥取大学大学院 医学系研究科臨床心理学講座 教授
LITALICO研究所所長

応用行動分析学を理論的基盤として「環境」と「個人」の相互作用から「行動」を捉え、さまざまなレベルでの「障害」や「不適応状態」について、「環境」と「個人」の両方向からの心理的支援や教育を研究。

ペアレント・トレーニングシステム、強度行動障害研修プログラム、不登校支援プログラムなどの支援プログラムを開発し、株式会社LITALICOの教育事業LITALICOジュニアのプログラム監修も務める。
臨床心理士、専門行動療法士、自閉症スペクトラム支援士(エキスパート)。
『家庭で無理なく楽しくできる生活・学習課題46―自閉症の子どものためのABA基本プログラム (2008年,学研)』、『8つの視点でうまくいく!発達障害のある子のABAケーススタディ―アセスメントからアプローチへつなぐコツ(平澤紀子・小笠原恵共著,2013年,中央法規出版)』など著書多数。
※井上教授を中心に、LITALICO研究所スタッフがサポートいたします。

●対象者●
・個人情報保護の観点から、LITALICOで非常勤・常勤としてのご勤務ができる方
※勤務地や勤務日数は個別相談
・上記記載のゼミ全日程にご参加可能な方
※交通費支給あり

●応募方法●
下記のお申込フォームからご登録ください。
【お申込はこちら】
※応募締め切りは3月20日(月)までといたします※

●第一期生の研究テーマと活動を通しての声(一例)●
<LITALICOワークス>
◯テーマ:「企業定着支援における精神障害者のナチュラルサポート構築」
これまで支援の記録を残すことを重視して数々の支援を行ってきたが、その活用や数値化ができたゼミでの活動によって、支援の経過・経過観察の視点を深めることができ、支援現場で自分の発する言葉も変化している実感があるし、働きながら研究実績をつくることができたのは嬉しい」
◯テーマ:「うつ病患者へのセルフモニタリングを用いた就労支援」
研究という視点から支援事例を捉え直すことができ、客観的な評価や意味づけができ理想と現実のギャップを埋めることに繋がった

<LITALICOジュニア>
◯テーマ:「児童発達支援事業所における支援者育成プログラムの検討」
ゼミを通してこれまで感覚的に積み上げてきたものを言語化することができた
◯テーマ:「自閉症児へのビデオモデリング法を用いたコミュニケーション支援」
ゼミ活動は、エビデンスベーストでお子様への指導をし、その効果を社会に広めていく上で重要な活動であることを実感した

<LITALICOワンダー>
◯テーマ:「視覚支援を用いた自閉症児のロボット制作への授業参加行動の形成」
自分にとって一見とっつきずらい研究を丁寧にサポートしてもらえたこと、また他のゼミ生の考え方や支援手法を知ることができたことは自分にとって大きな価値となった
◯テーマ:「Scratchを用いたゲーム制作授業におけるワークシートの活用とその効果」
自分がやったこと、やろうとしていることに意味があるか、どんな効果があるかをアカデミックな視点から計測・検討していけることに、今とてもわくわくしている

●問い合わせ先●
LITALICO採用事務局
TEL:0120-929-432 (平日10時~18時)
メール:recruit_sp@litalico.co.jp
担当:眞嶋