LITALICO研究所

障害のない社会をつくる

About -LITALICO研究所とは-

ビジョン「障害のない社会をつくる」の実現に向け、
株式会社LITALICOは2015年9月、LITALICO研究所を開設します。
障害は人ではなく、社会の側にある。
社会の側にある障害、中でもエデュケーション(教育)とキャリア(仕事)に関する障害について、
よりクリアにしていく調査研究。
また、障害を取り除くための手段「学び方、働き方」についての実証研究。
それらを保障・推進するための法制度のあり方の提言を柱として活動します。
また、LITALICO研究所が行うすべての研究はオープンにすることを基本原則とし、
研究成果を社会の実践現場に絶えず還元し続け、
「障害のない社会をつくる」を社会全体のビジョンとすることを目標としていきます。

Concept -研究所の機能-

LITALICO研究所 図説

社会課題に関する「知」のプラットフォームとして、以下の機能を提供していきます。

  1. 01 調査研究
    社会課題、特にエデュケーションとキャリアに関する課題の構造を明らかにするため、最新の理論や事例のレビュー、国際比較調査などを行います。困難を抱える人々を取り巻く環境を分析し、課題解決の手がかりをつかみます。
  2. 02 実証研究
    最新テクノロジーの活用、地域社会の環境づくりなど社会課題を解決するさまざまな手段を考察、開発していきます。また、これらの効果を学術的に実証し、現場での実践に活用することで、新しい社会のあり方を提案していきます。
  3. 03 アドボカシー活動
    政策や法制度の策定及び改定は、社会全体の構造的課題を解決する重要な手段の一つです。LITALICO研究所では、「障害のない社会」を実現するための制度や仕組みを研究し、未来に向けた政策提言や啓発活動を行っていきます。
  4. 04 上記に関する論文発表、
    セミナーの運営、
    研究者の募集・育成

Research Subjects in 2015 -研究テーマ一覧(2015年度)-

Theme 01

「ペアレントサポート」
プログラム効果検証

お子さまの発達が気になる親御さまに対して、家庭における子どもとの関わりを支援する「ペアレントサポート」を実践。その受講者を対象に、心理及び行動面での変容を計測して効果検証を行います。「ペアレントサポート」の受講を通して、子どもとの関わり方や子どもの特性をより良く理解することにより、お子さまの問題行動の減少や、親御さまの育児ストレスの軽減といった効果が期待されます。

協力:
井上 雅彦 
鳥取大学大学院教授 兼 
LITALICO研究所所長
(アドバイザー)
Theme 02

教育における
「合理的配慮」
の事例研究

障害のある方の権利が保障されるための「合理的配慮」について、学校教育現場における事例の調査から、その実践方法をまとめた事例集制作まで行います。さまざまな障害や場面に応じた配慮を、誰がどのように相談し、実現していくのか、その過程や結果を明らかにしていくことで、すべての子どもたちが学びやすい学校づくりに貢献します。

また、Windowsクラスルーム協議会のメンバーとして「合理的配慮へのICT活用推進プロジェクト」に参画し、つくば市をフィールドとした実証研究なども行っていきます。

Theme 03

「レジリエンス」向上プログラムの開発・効果検証

困難や逆境から回復する力として注目される「レジリエンス」を高めるためのプログラムを開発します。また、LITALICOの運営する障害者就労支援事業所「LITALICOワークス」の利用者向けにプログラムを実施し、その効果を検証します。「レジリエンス」に関わる要因を明らかにし、就労支援のプログラムに組み込むことで、働くことに困難を抱えた方々へのより最適な就労支援を実現します。

協力:
高橋 美保 
東京大学大学院准教授
Theme 04

精神障害者における自殺リスク因子の抽出

LITALICOの運営する就労支援事業所「LITALICOワークス」の利用者のうち、精神障害のある方の心理及び行動状況を計測、分析し、自殺リスク因子を抽出します。研究結果は、自殺予防プログラムの開発及び改善に活用していきます。

サポート研究員募集

LITALICO研究所の研究プロジェクトにご興味がある方は、下記フォームにて「サポート研究員」にご登録ください。
今後、研究レポートや成果発表会のご案内、ゼミ形式での勉強会の開催、
新しい研究テーマの告知や研究員の募集などのご案内をさせていただきます。

サポート研究員に登録する

Research Members -研究所メンバー-

所長 (アドバイザー)

井上 雅彦 INOUE Masahiko

鳥取大学大学院 医学系研究科
臨床心理学講座 教授

応用行動分析学を理論的基盤として「環境」と「個人」の相互作用から「行動」を捉え、さまざまなレベルでの「障害」や「不適応状態」について、「環境」と「個人」の両方向からの心理的支援や教育を研究。
ペアレント・トレーニングシステム、強度行動障害研修プログラム、不登校支援プログラムなどの支援プログラムを開発し、株式会社LITALICOの教育事業LITALICOジュニアのプログラム監修も務める。
臨床心理士、専門行動療法士、自閉症スペクトラム支援士(エキスパート)。
『家庭で無理なく楽しくできる生活・学習課題46―自閉症の子どものためのABA基本プログラム (2008年,学研)』、『8つの視点でうまくいく!発達障害のある子のABAケーススタディ―アセスメントからアプローチへつなぐコツ(平澤紀子・小笠原恵共著,2013年,中央法規出版)』など著書多数。

事務局長

鈴木 悠平 SUZUKI Yuhei

コロンビア大学大学院 
公衆衛生 
保健政策専攻 修士

障害種名などのラベルに還元されない個人のありようと物語に関心を寄せる。東日本大震災後の宮城県石巻市におけるコミュニティ事業、大学院での地域保健政策及び高齢者ケアの国際比較研究を経験した後、株式会社LITALICO入社。学習教室LITALICOジュニアでの指導員を経て、合理的配慮の普及啓発プロジェクトを担当し、研究所事務局長に就任。

研究員

榎本 大貴 ENOMOTO Daiki

北海道大学 
農学部応用生命科学科 
学士

多様な分野の専門家が、社会的な課題に対して研究をしていくチームづくりを目指す。株式会社LITALICO入社後は、発達障害児の家族向け支援コミュニティ「ふぁみえーる」の立ち上げ及び、学習教室LITALICOジュニアにおける指導員の育成責任者を経て、現在は教材やサービスの企画、設計を担う。

研究員

野口 晃菜 NOGUCHI Akina

筑波大学大学院 
人間総合科学研究科 
博士後期課程 在籍中

公教育におけるインクルーシブ教育システムの構築を専門に、すべての子どもにとっての学ぶ権利が保障される社会の構築を目指す。小学校講師を経て、株式会社LITALICO入社。学習教室LITALICOジュニアにて指導員を経験し、スーパーバイザーとして研修制度の構築に関わる。2014年4月より執行役員、LITALICOジュニア事業部副事業部長に就任。

研究員

村瀬 裕美 MURASE Hiromi

早稲田大学文学学術院 
文学研究科 心理学科 
認知神経心理学 修士

多様な発達及び心のありようをベースとし、より良い支援に向けて介入効果の実証を目指す。大学院では、脳と心の関係に興味を持ち、神経心理学的症状(相貌失認・失語症)と脳の局所的損傷部位の対応を研究。株式会社LITALICOに入社後は、学習教室LITALICOジュニアにおける指導の効果検証や、学校及び地域に向けた研修事業の運営を担当。

研究員

江田 暁子 KODA Akiko

ウイリアムウッズ大学 
社会福祉学科 学士

「しなやかに生きる」をテーマとしたソーシャルワークの展開や支援力の向上、自殺予防に取り組む。精神障害者の地域生活支援、精神科クリニックのデイケアでの相談業務などを経て、株式会社LITALICOに入社。就労支援事業に携わるスタッフの研修設計や人材育成に従事。精神保健福祉士。

研究員

島田 悠司 SHIMADA Yuji

慶應義塾大学大学院 
理工学研究科 
開放環境科学専攻 修士

テクノロジーの教育への応用・導入や、プログラミング教育による人の潜在能力の拡張可能性に関心を寄せる。大学院でコンピュータサイエンスの研究と、被災地支援団体の代表を務め、株式会社LITALICOに入社。学習教室LITALICOジュニアにて指導員を経て、新規事業であるIT×ものづくり教室LITALICOワンダーの立ち上げに携わる。現在はLITALICOワンダー渋谷校の教室長としてマネジメントを担当。

Contact -お問い合わせ-

お問い合わせ
研究に関するお問い合わせ、
取材などに関してはこちら。
サポート研究員に登録する
LITALICO研究所の研究プロジェクトへの
参画にご関心がある方は、こちらのフォームより
「サポート研究員」にご登録ください。

最新情報

LITALICO研究所 facebookページにて、
論文発表や掲載など、最新情報を紹介しております。

LITALICO研究所
facebookページ