LITALICOジュニア
HRグループ
松本 好

  • 2013年新卒入社
  • 筑波大学大学院
  • 教育研究科
専門/研究職

子どもと家族の変化が、
私自身の変化につながる

入社のきっかけ

学生時代は子どもキャンプ、発達障害児専門塾のアルバイト、特別支援学校幼稚部のボランティア、児童発達支援事業所のインターンと、とにかく子どもと関わる機会を持ち、子どもを知ることを中心にした生活を送っていました。そして、就職活動時は子どもたちへ価値ある支援ができる場所を何よりも探していました。LITALICOにはLITALICOジュニア中目黒教室の開所時の見学会に参加した時に出会いました。その後、LITALICOジュニアでのアルバイトを経験し、子ども一人ひとりに合う方法を自由な発想で選択できる、形にこだわらない職場環境であったこと、すぐに現場で挑戦をさせていただけることに魅力を感じ、入社を決めました。

今、取り組んでいる仕事は?

現在、LITALICOジュニアにて困難ケースを中心に担当しています。ケースに関わる中で、「子どもの変化がご家族の変化」「ご家族の変化が子どもの変化」と、互いにつながりあっていることを実感してきました。そしてその変化は私自身の変化にもつながっています。
子どもも大人も、人はそれぞれちがっていて「互いに理解し合おう」とする中で起きる変化になによりもやりがいを感じます。
私は、想像を絶するほど凸凹のある人間です。LITALICOではその凸凹を活かす環境を与えてもらっています。自分が心からやりたいと思うこと、自分が「好きだ」と感じられることと大切に向き合ってくれる人がまわりにはたくさんいました。2年前よりヒューマンリソースグループに異動になり、関わる人の幅が広がりました。対子どもだけではなく、対スタッフと関わる中で、その人の強みを見つけること、その強みを活かすことを大事に考えられるようになったことは、私にとって大きな成長です。

なぜ、LITALICOで働くのか?

「人のちがいこそ魅力」、そんな社会を実現していきたいです。お子さんと関わる時には、「できた!できる!」経験を経て、自分の強みを、自分が感じられるきっかけをつくること、お子さんを取り巻く環境に関わる時には、相手の理解へ少しでも近づくよう、想像のきっかけをつくる通訳者になっていきたい。自分自身も「本質を理解し」、そこに、こだわっていきたいです。

今すぐエントリー