LITALICOワークス
支援スタッフ
佐川 諒子

  • 2015年新卒入社
  • 立教大学
  • コミュニティ福祉学部
総合職

福祉が今よりも輝く未来をつくる

入社のきっかけ

大学では社会福祉学を専攻していました。在学中、授業のカリキュラムとして組まれていた実習に参加し、障害者の生活介護施設や作業所、高齢者介護施設など様々な場所に出向きました。クライアントとのかかわり方や福祉業界の仕事のやりがいを知ることができた一方で、たまたまかもしれませんが、福祉施設の建物の古さや薄暗さを感じたこと、またそこで働いている方の疲れているような表情も強く印象に残りました。また周りから「福祉勉強してるの?偉いね」とか、「私だったら出来ないなぁ」と言われることがあり、社会が抱く福祉のイメージにネガティブな部分があることも、学生ながら感じていました。
その後就職活動をしていた中でLITALICOを知り、「障害は人ではなく社会の側にある」というメッセージに目が留まりました。実習で自分が経験していた違和感と合致し、支援するだけでなく、社会も変えていくことが必要だと、同じ信念を持つ会社で働きたいと思い入社しました。

今、取り組んでいる仕事は?

現在は、LITALICOワークス所沢で支援員をしています。具体的には利用者の方が就職活動前のステップとして行う、職場体験を目的とした「企業インターン」を主に担当しています。受け入れの日程調整、適性把握のための同行、企業のご担当者様、利用者の方との面談などを実施します。企業インターン後、利用者の方から「こんな仕事でも自分にできた」「自信がついた」という言葉を聞けたときは、嬉しい気持ちになります。
新卒で経験もキャリアもない自分が就労支援なんてできるのか・・・と悩んだ時期もありました。それを払拭してくれたのがとある利用者の方の一言です。就職が決まった時、「佐川さんが担当する利用者で、私が就職者第1号になろうって決めてました」と話してくれました。自分は支えているつもりが、支えられていたと気付きました。支援をしていた時は私も知らない事が多かったので、一緒に企業の情報収集をしたり、面接の答え方を試行錯誤したりと一緒に悩んで考えていくようなスタンスでの関わりが多かったのですが、結果それが功を奏したように感じました。逆にそのリアルな視点を持てるのは私だけだと。今はそれをコンプレックスではなく、強みとして捉えるようにしています。それが私にとって伴走することであり、今の自分にできる最善の支援です。

なぜ、LITALICOで働くのか?

LITALICOは政策提言など大きなアクションでも社会課題へアプローチしていますが、私は現在は支援の楽しさを感じることが多いので、現場での支援から社会を変えていきたいと思っています。
私は支援で社会を変えていきたいと思っています。社会を変えることを突き詰めていくと、1人1人とのかかわり方に行きつくと思っています。障害がある・なし関係なく、いきいきと働く方が増えることで社会の認識を変え、結果的に社会を変えていくことに繋がると感じています。障害の特性がものすごい強みになる方がいたり、色々な感性を持つ方がいたり、知らないことを教えてくれる方がいたり、私自身発見がたくさんあるので今の仕事はすごく好きです。また私が働く拠点には知識や経験が豊富なベテランの先輩スタッフが多くいるので、色んな視点を勉強中です。ゆくゆくは資格を活かして、支援のスーパーバイズができるスペシャリストとして働くことを目指しています。

今すぐエントリー