LITALICOジュニア
指導員
宮野原 勇斗

  • 2016年新卒入社
  • 大阪大学
  • 人間科学部
総合職

しんどい人への貢献と
自分自身の成長とが実現できる

入社のきっかけ

就職活動を始めた頃は、漠然と「しんどい人のためになりたい」という思いを持って、福祉業界や医療業界を主に検討していました。ただ、福祉業界には少し物足りなさを感じていました。「福祉業界に行けば、自分の“しんどい人のためになりたい”というエゴは、もしかしたら満たされるかもしれないけれど、それで社会を変えることはできない。社会を変えていくためには、まずは自分が力を付けなければ」と思っていたからです。そこで、人のためになりつつも、自分の成長を実現できる会社を探していました。そんなときに、友だちから紹介されたのがLITALICOでした。参加した企業説明会で話を聞くなかで、ここでなら、自分のやりたい、しんどい人への貢献と自分自身の成長とが実現できるかもしれないと感じ、選考に参加しました。最後は、選考中に出会った魅力的な先輩社員に、「あなたみたいな人と一緒に働きたい」と言われ、入社を決意しました。

今、取り組んでいる仕事は?

指導でお子さんや親御様の支援をしながら、1年目は地域連携の担当もしました。特に、教室のある所沢市の自閉症啓発イベントの実行委員をし、配布する啓発パンフレットなどの企画や作成を行いました。イベントは大盛況に終わり、地域の親の会や関連団体との関係も築くことができました。親子の生活の場である地域を巻き込んで、支援をしていくことの必要性を改めて感じました。
2年目からはアルバイトスタッフの教育担当者となり、育成やサポートをしています。スタッフが自分らしく働くことで、届けられる支援もより生き生きしたものとなり、親子のハッピーに繋がるという好循環を生み出したいと考えています。そのため、アルバイトスタッフの熱い想いや夢と、教室での仕事とを結び付けて、彼らの成長を応援していくことにとてもやりがいを感じています。

なぜ、LITALICOで働くのか?

現在のサービスをもっと進化させ、親子がしんどい状況に陥る前段階に、予防的な支援をやっていきたいと思っています。大学生の時に学習支援のボランティアをしていた児童養護施設や教室で、親子間の関係がうまく築けていないケースや、たび重なる失敗体験により自信を失ってしまっている子どもに多く出会ってきました。彼らが自信を失ってしまう前に、アプローチをしたいと考えています。そのため、ペアレントトレーニングなどの親御さんを巻き込んだ支援や関連機関との密な連携、ひいては、より川上である、妊産婦への支援もやっていきたいです。

今すぐエントリー