LITALICOジュニア
スーパーバイザー
吉田 有里

  • 2012年新卒入社
  • 東京学芸大学大学院
  • 教育学研究科 特別支援教育専攻
総合職
専門/研究職

「すべての子どもがわくわくしながら学ぶ社会をつくりたい」

入社のきっかけ

大学時代は心理学を専攻していました。在学中の家庭教師で最初に担当したのは、勉強ができない、取り組めない子でした。兄弟も含め、家族全体への支援が必要だと感じたのですが、当時の私は知識もなく何もできずにもどかしく思いました。それと同時に、きっとこういう家庭はたくさんあるけれど、そのままになっている…その状況を変えたいと考えました。そのためにどのような支援の仕方があるのかを学びたいと、大学院からは特別支援教育に転向。読み書きが困難なお子さまの背景要因や支援方法についての研究を行いました。
大学院卒業後は学校現場で働くことは考えず、学校外で子どもが学ぶ場所で特別支援をやりたい、できれば地域のネットワーク作りやコーディネートがしたいと思って就活しました。教育系企業から内定が出ていましたが、やりたいことにマッチした企業には出会えませんでした。そんな中、インターネットでLITALICOジュニア指導員の中途求人を見つけたのがLITALICOとの出会いです。「この会社ならやりたいことができそう!」 と思い(新卒募集は終わっていたので)、コーポレートサイト経由で人事に連絡を取って選考をしてもらいました。

今、取り組んでいる仕事は?

新卒5年目の今年はLITALICOジュニア事業のHR部門で、各種研修の作成・実施を行っています。人事評価制度や研修全体の設計、ツール作成にも関わっています。併せて、教室のスーパーバイザーとして、指導員育成や指導サポートを行っています。教室に足を運び、指導をモニタリングして指導員にフィードバックしたり、困難ケースの場合は一緒に授業に入ることもあります。
私のやりがいは関わる人(お子さま・保護者さま・指導員)が「できた!」「やった!」という瞬間にたくさん出会えること。予想以上の変化や面白いアイデア・視点にたくさん出会えることも、大きな楽しみの1つです。
研修設計に関しては、LITALICOジュニア全体のサービスをどう作っていくか、会社をどう作っていくかに関わる大きな仕事なので、大きな責任感を感じつつも、わくわくしながら未来を創っている感覚です。
また、大学の非常勤講師として小学校の教員を目指す学生さんに障害児の発達と教育について授業を担当させてもらっています。生徒から本質をつく質問も多く、私自身も考えさせられることもあり、いい刺激をもらっています。授業を通して、会社以外にも同じ志を持つ人が増えていくのも、心強く感じています。

なぜLITALICOで働くのか?

「今やってることが、やりたいことに一番近い」というのが働く理由です。
すべての子どもが、わくわくしながら好きなことを好きなときに学べる社会をつくりたいと思っています。そのためには、地域のなかで子どもに関わる場所(家や学校、療育施設、塾など)が、それぞれのできること・できないことを共有しお互いに協力しながら、お子さんをサポートしていく必要があると考えています。そのための地域のネットワークづくりをコーディネートしていけるといいな、というのが入社当時から変わらない思いです。基本的には関わる人に笑顔でいてほしいという想いが根底にあるので、HRに異動してからは一緒に働く仲間が生き生きと楽しく働ける職場をつくりたいと思っています。

今すぐエントリー