LITALICOジュニア
マネージャー
川﨑 翔太郎

  • 2014年新卒入社
  • 明治学院大学
  • 心理学部
総合職

子どもが成長できる環境を
広げていく
私たちのサービスが
必要ない社会が理想

入社のきっかけ

大学では障害児教育を専攻。在学中から、個人宅に営業して、発達障害のある子どもの家庭教師をしていました。教員になることも考えましたが、学校での学習に困難を抱える子どもたちとかかわるうちに、学校教育の仕組みの中で、個別のニーズに合わせた指導をすることが難しいと思うようになりました。
その中で出会ったのが、LITALICOの教育事業であるLITALICOジュニアでした。

今の仕事について

教室長として、お子さまの指導はもちろん、親御さまの対応、指導員の採用・育成なども担当しています。それぞれ異なるお子さまのニーズに対して、最善の選択肢を追求できることがLITALICOジュニアの魅力。成長フェーズに合わせて、個別指導や集団指導など授業形態を選択でき、必要があれば、相談支援機関やNPOなど、LITALICOジュニア以外の地域資源の紹介もしています。
お子さまと親御さまにとって、最善の選択肢を提示できる、居心地の良い教室であり続けるために、環境を調整することが教室長の仕事と考えています。

目指していること

入社前はお子さまの目に見える成長だけにこだわっていましたが、今は、家庭や学校といった周囲の環境に対するアプローチの重要性に気づくことができました。子どもの成長には成功体験が必要です。そして、お子さまが成功体験を積み、成長できる環境を教室の外に広げていくことも、LITALICOジュニアの役割。そのために、家庭・学校・関係機関とお子さまの成長目標をすり合わせ、共通の認識のもと、お子さまの成長をサポートしています。最終的には、困りごとを持つお子さまがいなくなって、LITALICOジュニアが必要ない社会をつくることが理想ですね。

今すぐエントリー