社員インタビュー

LITALICOワークス エリアマネージャー

櫻井 基裕

前職:リクルート

日本大学経済学部

_Question なぜ働くの?
_Answer

ビジネスで社会課題を解決

一緒に働く仲間が圧倒的に良く、素晴らしい

ビジネスの力で
社会課題を解決したい

前職は人材業界で法人営業として、企業が抱える課題に対して採用面からアプローチして解決していく仕事でした。営業としては、売上を上げる事に主眼が置かれがちですが、私はそれだけでなく、企業が初めて新卒採用に着手する場面や後継者採用を本格的に行う局面における支援を通して、人や組織と真剣に向き合い、それらを軸として、経営課題の解決や会社の成長を促進する事によりやりがいを感じる事ができました。そして、ビジネスと人のどちらも追求できる仕事がしたいという思いが強くなっていきました。

LITALICOに出会った時は、社会的にインパクトがある事業内容であると同時に、自分の経験を活かせる仕事だと感じました。初めから福祉業界に興味を持ってはいませんでしたが、労働市場において、仕事を複数から選ぶ事ができる人たちがいる一方で、働く事に困難を抱えて、仕事自体につけない人たちも多くいる事を知り、ビジネスでその社会課題を解決したいと思い、入社を決めました。

関わる人の
活躍に責任を持つ

現在はLITALICOワークスのエリアマネージャーとして、エリア内のセンターの就職者輩出・就職後の定着率・業績等の成果とサービスの質の両方を向上するためのマネジメント、スタッフの採用から育成、地域の行政・企業・福祉/医療機関との関係構築、拠点開設等を担っています。 各センター、センター長やスタッフのそれぞれの個性や地域の外部環境は異なります。その中で、センター長が、そのセンター独自の進化ができるように関わっています。関わる人が自分らしく活躍することに責任を持ち、その人が意欲やパフォーマンスを上げるにはどうすればよいかを意識しながら、コミュニケーションをとるようにしています。
今まで関わった人が活躍している事を他の人から聞いたり、スタッフからセンター長やマネージャーにキャリアアップしていったり、そして、入社後1年以上経過しても、入社当時と変わらず、モチベーション高く働いている様子を見ると、とても嬉しく、やり応えを感じます。
前職まで、自分の業績達成への意識の方が強かったのですが、LITALICOで、皆と共に働く中で、チームで仕事をする事に自然と関心が持てるようになり、スタッフが真っすぐお客様や支援の仕事に集中できて、やりがいを持って取り組める環境をつくることが僕の仕事だと思っています。

共に働く仲間が
圧倒的に素晴らしい

LITALICOで働く理由は、一緒に働く仲間が素晴らしいからです。エネルギー値が高い人が多く、共に成長していきたいと思える人ばかりです。また、共感性や感受性が高い人も多く、利用されている方の就職が決まると、共に涙を流して喜び合う事もあります。
スタッフ同士でも、できないことではなく、強みや想いに着目して、相手の可能性を信じて、互いを活かし合う実践ができている場面をよく見かけます。
これから、ビジョン実現に向けて、私たちマネージャーは、経営と現場をつなぐために、もっと力をつけていく必要があると思っています。
社員一人一人が、課題に対して、もっと主体的に関わり、実践できる、そして、自分がやりたい事に挑戦できる環境を、共に、思考錯誤を繰り返しながら、つくって行きたいと思っています。

櫻井さんのキャリアパス

櫻井 基裕
LITALICOワークス エリアマネージャー
日本大学経済学部(2012年中途入社)

2012年7月、中途入社。障害者の就職支援を行うLITALICOワークスに配属。2012年12月よりセンター長を経験後、2013年6月からエリアマネージャーに就任。2015年4月からLITALICOワークスのHR部門を兼務。現在はエリアマネージャーとして、各センターの就職者目標・就労後の定着率・売上といった目標の進捗管理、スタッフの育成などを担う。

2012年7月
入社
LITALICOワークス八王子に配属
2012年12月
LITALICOワークス桜木町のセンター長に就任
2013年6月
LITALICOワークス神奈川エリアのエリアマネージャーに就任
2014年2月
LITALICOワークス新規2拠点の立ち上げに携わる
2015年4月
LITALICOワークスHR兼務
2016年4月〜現在
LITALICOワークス東京エリアのエリアマネージャーに就任