「論文採用」を開始します!

会社説明会(中途)

LITALICOでは、教育や就労支援サービスの質、また業界全体の支援の質の向上のため、
学生時代から専門的な研究に取り組んできた方の募集を積極的に行っています。

この度、新たに「論文採用」を開始しました!
専門性を社会に還元していくために、理論と実践を繋ぎたい方を募集いたします。

●提出物
1.論文(必須)
※分野は問いません。LITALICOのビジョンである「障害のない社会をつくる」ことに繋がるテーマと考えられる研究論文をご提出ください。
※学会発表で使用した抄録でも可
2.エントリーシート(必須) ※形式自由
(1)氏名
(2)所属・卒業研究室
(3)所属学会
(4)研究実績
(5)メールアドレス
(6)電話番号
(7)提出論文の使用用途(例:卒業論文、修士論文、発表先学会名など)
(8)提出論文または抄録がなぜ「障害のない社会をつくる」ことに繋がるか、ご自身の考えをご記載ください。
3.これまでの実践経験(任意)
※教育・福祉・医療分野の方は、担当したケース数やケース内容(対象者や実施場所)など、
それ以外の分野の方は、研究を実践に結びつけた過去のエピソード、事例などをご記載ください。

4.指導教授からの推薦文(任意)

応募方法
上記を提出物を下記いずれかの方法でお送りください。
・メール:recruit_sp@litalico.co.jp
・郵送:〒153-0051  東京都目黒区上目黒2-1-1 中目黒GTタワー15F
採用グループ 論文採用担当

選考フロー
論文選考⇒個別面接 ※選考フロー、面接回数は個人によって異なります。

お問い合わせ先
LITALICO採用事務局
0120-929-432(平日9時~18時)
recruit_sp@litalico.co.jp

社員紹介
LITALICOにて研究活動に取り組む社員の一例をご紹介します。

■野口 晃菜(のぐち あきな)

野口晃菜
LITALICO執行役員、LITALICOジュニア事業部副事業部長 、
LITALICO研究所副所長、筑波大学大学院博士後期課程在籍。
新宿区特別支援教育推進員・杉並区教育ビジョン策定委員、
小学校教員などを経て、筑波大学大学院博士課程において、
インクルーシブ教育の研究に取り組む。
LITALICOでは人材育成や政策提言等に取り組んでいる。
<研究実績>
野口晃菜・米田宏樹(2014) 特別学級・代替学校における障害のある児童生徒の通常教育カリキュラムへのアクセスの現状と課題ー米国イリノイ州第15学校区を中心にー. 障害科学研究, 38, 117-130.
2016年9月の日本特殊教育学会第54回大会のシンポジウムでは「発達障害児者の行動問題から
教育・福祉の充実を目指すPBS(10)-PBS研究の到達点と未来-」について発表。

■榎本 大貴(えのもと だいき)

榎本大貴
2012年新卒として入社。LITALICOジュニアでの指導員、教材開発、人材育成を経て、
現在はLITALICO研究所のチーフリサーチャーとしてペアレントトレーニングの
効果実証研究やアプリ開発研究、政策提言に関わる事業の研究に取り組んでいる。
<研究実績>
2016年10月日本児童青年精神医学会第57回総会での口頭発表内容は
「発達障害のある子どもの親に対する鳥取大学方式ペアレントトレーニングの
短縮版の効果」。詳細は学会大会ページ(http://child-adolesc.jp/meeting/57/ )より。
(抄録集は学会員のみが閲覧可能ですので、ご了承ください。)

 

■吉田 有里(よしだ ゆり)

吉田有里
2012年新卒として入社。
LITALICOジュニアにて未就学児から学齢期までの幅広いお子さまの指導を経験。
現在はスーパーバイザーとしてお子さまの指導および、社員の育成に取り組んでおり、
東京学芸大学にて非常勤講師も務めている。
<研究実績>
吉田有里・小池敏英・徐欣薇・藤井温子・牧野雄太・太田裕子(2013),
小学 2 年における漢字の読み書き困難の実態に関する研究―漢字学習の基礎スキルとの関連について―. LD研究,22,242-253.

 

 

■陶 貴行(すえ たかゆき)

陶貴行
障害者職業カウンセラー(障害者職業センター)、
就労支援ワーカー(障害者就業・生活支援センター)を経て、2013年に入社。
現在は、LITALICOワークスにて研修の作成・実施やケース相談、研究を行っている。
<研究実績>
2016年11月の日本精神障害者リハビリテーション学会第24回長野大会での口頭発表内容は
「慢性疼痛のある大うつ病性障害者に対する就労移行支援事業所での
CBTの取り組みについて」。詳細は学会大会ページ(http://www.japr2016.jp/ )よりご覧いただけます。(抄録集の97ページ目)