コクヨの「勉強が楽しくなる最新IoT文具」で、夏休みの宿題にチャレンジ

「障害のない社会をつくる」というビジョンの下、障害者向け就労支援事業や子どもの可能性を拡げる教育事業を全国展開する株式会社LITALICO(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:長谷川敦弥、証券コード:6187)が運営する、発達が気になる子どもの子育て情報ポータルサイト「LITALICO発達ナビ」は、コクヨ株式会社の新商品「しゅくだいやる気ペン」を用いた親子向けワークショップ「夏休みの宿題みんなでスタートダッシュ会」を、7月31日(水)、コクヨ直営ショップ&カフェ「THINK OF THINGS」(東京・原宿)にて開催します。(同日2回開催)

夏休みは、多くの子どもにとって、学校から出される多くの宿題を自力で進める上で困りごとや悩みが生じがちです。夏休みの宿題に関するアンケート調査※1においても、約7割の保護者が「宿題の進め方を子どもと相談した」と回答し、最も多い理由として「相談しないと後に溜めてしまう」ことを挙げており、子どもだけでなく保護者も宿題の取り組み方に不安を感じている状況が伺えます。本ワークショップは、溜まってしまいがちな夏休みの宿題を子どもが自ら楽しく取り組むためにより良いスタートを切れるよう、親子で考えるきっかけづくりを目的に開催します。

ワークショップでは、小学生の親子15組(各回)を対象に、ABA(応用行動分析)※2の考え方に基づいた“夏休みの宿題計画づくり”と、「しゅくだいやる気ペン」を使った新しい学び方を体験します。計画づくりでは、子どもが親しみやすい図柄のマップで宿題の全体量を可視化し、学習計画の立て方を親子で一緒に学びます。「しゅくだいやる気ペン」は、鉛筆に取り付けて専用のスマートフォンアプリと連動させ、勉強への取り組みを見える化するIoT文具です。当日は、計画づくりで目標設定した宿題の一部を「しゅくだいやる気ペン」を実際に使いながら、取り組む体験を行います。また、保護者の方向けに、やる気を引き出す“ご褒美”の設定に関する考え方と、家庭での学習が楽しくなる方法を体感する機会を提供します。

画像①

 

 

 

 

 

 

※1 株式会社イオレ「夏休みの宿題に関するアンケート調査」
※2 ABA(応用行動分析)は、行動の前後で効果的な工夫をすることによって社会生活上の課題解決を導く方法論で、発達が気になる子どもに有効な療育法の1つとして活用されています。

【「夏休みの宿題みんなでスタートダッシュ会」開催概要】
日時:2019年7月31日(水)(第一回)11:30〜13:00/(第二回)15:30〜17:00
会場:THINK OF THINGS(東京都渋谷区千駄ヶ谷3-62-1)
アクセス:JR原宿駅竹下口より徒歩3分
参加者:各回 親子15組(第一回:一般の方、第二回:LITALICO発達ナビ会員限定)
参加費用:無料

プログラム:
1. 親子で宿題の計画づくり
「なつやすみのしゅくだいリスト」と「なつやすみのバッチリすごろく」を使用して、夏休みの宿題計画を作ります。保護者の方には、子どものやる気を引き出すご褒美の設定に関する考え方を学んでいただきます。
2.「しゅくだいやる気ペン」を使用した新しい学習体験
コクヨ株式会社の「しゅくだいやる気ペン」を使用して、実際に夏休みの宿題に取り組みます。

お申込み方法:下記ウェブフォームよりお申し込みください※応募期間:7月23日(火)18:00まで
一般向け:https://shukudai-start.peatix.com/
発達ナビ会員向け:http://urx.red/uVlS

会場のコクヨ直営ショップ&カフェ

会場のコクヨ直営ショップ&カフェ

 

<しゅくだいやる気ペン(コクヨ株式会社:2019年7月17日発売)>
小学校低~中学年向けに、鉛筆に筆記の動きを認識するアタッチメントを装着し、スマートフォンと連動させることで、日々の努力を“見える化”するIoT文具。子どもには家庭学習に取りかかりやすく、保護者には褒めやすくするきっかけを与え、親子の円滑なコミュニケーションを通して「やる気」を育む商品です。
商品サイト:https://www.kokuyo-st.co.jp/stationery/yarukipen/

画像②

 

 

 

 

 

 

 

【「LITALICO発達ナビ」https://h-navi.jp/ )について】

LITALICO発達ナビは、子どもの発達が気になる保護者が、十分な子育ての情報や選択肢を得られるようになることを目的に2016年1月にオープン。子育て体験談やアドバイス、発達障害の基礎知識に関する情報を発信する「コラム」や、子育てに関する疑問や困っていることを質問し、全国の先輩ママ・パパから回答を得ることができる「Q&A」、発達が気になる子ども向け通所施設の検索・問い合わせができる「施設情報」などのコンテンツを提供しています。また、福祉施設向けに、オンライン上で支援者向けの研修動画や教材をダウンロードできる「研修・教材サービス」など、業務支援サービスも提供しています。2019年6月時点で月間アクティブユーザー数は150万、月間PVは590万、会員数は13万人を超え、多くの子どもの発達が気になる保護者の方々に支持されるウェブサービスに成長しています。

【LITALICOについて】
LITALICOは、「障害のない社会をつくる」をビジョンに掲げ、発達障害ポータルサイト「LITALICO発達ナビ」、障害のある方の就職情報サイト「LITALICO仕事ナビ」のインターネットプラットフォームを軸に、障害分野で様々なサービスを提供しています。当事者向けサービス(就労支援サービス「LITALICOワークス」、ソーシャルスキル&学習教室「LITALICOジュニア」)に加え、障害のある子どもの家族向けライフプランニングサービスや業界全体の質向上に寄与する福祉施設向け業務支援サービスも開始しました。また障害分野で培った知見を活かし、一般教育領域でもIT×ものづくり教室「LITALICOワンダー」を展開しています。2016年3月に東証マザーズに上場、2017年3月に東証一部に市場変更しました。詳細はhttp://litalico.co.jp/ をご覧ください。