小学校のプログラミング必修化に向けて夏休みに先取り体験!自分が作った作品をお持ち帰りできる講座も豊富で、自由研究にもおすすめ

「障害のない社会をつくる」というビジョンの下、障害者向け就労支援事業や子どもの可能性を拡げる教育事業を展開する株式会社LITALICO(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:長谷川敦弥、証券コード:6187)が運営する、年長・小学生~高校生がプログラミングやロボット製作を学べるIT×ものづくり教室「LITALICOワンダー」は、7月13日(土)~9月1日(日)に夏の特別講習「サマーラボ2019」を開催します。
サマーラボ2019特設ページ:https://wonder.litalico.jp/event/summer-lab/

画像

夏休みは子どもたちにとって、普段できない体験を通して、大きく成長するチャンスです。「2019年の夏休みに親が子どもにさせたい習い事」に関する調査では、「英語・英会話スクール」に次いで、「プログラミング」が2位となっており※、2020年からの小学校におけるプログラミング教育の必修化を前に、関心が高まっている習い事であることが明らかとなりました。「サマーラボ2019」では、小学校でのプログラミング教育でも教材として使用される可能性の高いビジュアルプログラミング言語「Scratch(スクラッチ)」や「Viscuit(ビスケット)」を用いて、初めてプログラミングに挑戦するお子さんでも気軽に楽しめる講座から、プロも使うゲーム開発エンジン「Unity」で本格的なVR空間のプログラミングに挑戦できるハイレベルな講座など、多彩な12コースを用意。この夏休みに、お子さんの思い出に残る新たな体験や挑戦をする機会を提供します。

また、今年は毎年人気の自身が創り上げた作品を持ち帰ることのできる講座も充実しており、夏休みの宿題の中でも子どもや保護者を悩ませる自由研究・工作にもおすすめです。
※イー・ラーニング研究所「子どもの夏休みに関するアンケート」

■夏の特別講習「サマーラボ2019」開講コース(一例)
ScratchでAR風バトルゲームをつくろう!

画像⑤
ゲーム画面に自分が映っている!?Scratchの拡張機能「ビデオモーションセンサー」で、自分で動いて敵を倒すAR風のバトルゲームを作ります。
対象年齢:小1~高校生 授業料:¥10,800(税込) 所要時間:90分×2コマ

AI搭載の最新ロボットでプログラミングに挑戦!
画像②
​AIを搭載した次世代プログラミングロボット「Codey Rocky」で、音声認識や画像認識などのAI体験やセンサーを駆使したプログラミングに挑戦します。
対象年齢:小1~高校生 授業料:¥21,600(税込・本体代込)  所要時間:90分×1コマ
※本体の購入が不要な貸出コース(5,400円(税込))もあります。

​3Dプリンタで自分だけのジグソーパズルをつくろう!
画像③
3Dプリンタをつかったものづくりにチャレンジするコースです。パズルの土台と好きなデザインを組みあわせて世界にひとつだけのジグソーパズルを作ります。
対象年齢:小1~高校生 授業料:¥8,640(税込・材料費込) 所要時間:90分×1コマ

3Dペンでオリジナル昆虫標本をつくろう!
画像④
夏の風物詩である昆虫は、どんな形をしているかな?触覚や眼はどんな風についているかな?昆虫の体を観察し、3Dペンで再現し、オリジナルの昆虫標本を作ります。
対象年齢:小1~中学生 授業料:¥6,480(税込・材料費込) 所要時間:90分×1コマ

UnityでVRガンシューティングゲームをつくろう!
画像⑥
人気アプリ開発にも使われている「Unity」で、VR空間のプログラミングに挑戦できます。C♯プログラミングや3Dモデリングに挑戦したいお子さんにおすすめです。
対象年齢:小4~高校生 授業料:¥17,280(税込) 所要時間:90分×3コマ
※Unity および関連の製品名は Unity Technologies またはその子会社の商標です。

■夏の特別講習「サマーラボ2019」開催概要
<開催日程>
2019年7月13日(土)~9月1日(日)
<開催場所>
LITALICOワンダー各教室(東京・神奈川16教室)
※一部コースを実施しない教室もございます。詳しくはサマーラボ2019特設ページをご確認ください。
<詳細・申込方法>
下記のURLより、詳細をご確認の上お申し込みください。
【サマーラボ2019特設ページ】https://wonder.litalico.jp/event/summer-lab/

【LITALICOワンダーについて】
IT×ものづくり教室「LITALICOワンダー」は、幼児から高校生を対象として、 試行錯誤することを通じて「創造力」を育むことを目的に、2014年4月、渋谷 に開校しました。プログラミングやロボット、デジタルファブリケーションといったテクノロジーを活用したものづくりの機会を提供しています。現在、16教室合わせて約3,000名の子どもたちが定期コースに通っています。詳細はhttps://wonder.litalico.jp/ をご覧ください。

【LITALICOについて】
LITALICOは、「障害のない社会をつくる」をビジョンに掲げ、発達障害ポータルサイト「LITALICO発達ナビ」、障害のある方の就職情報サイト「LITALICO仕事ナビ」のインターネットプラットフォームを軸に、障害分野で様々なサービスを提供しています。当事者向けサービス(就労支援サービス「LITALICOワークス」、ソーシャルスキル&学習教室「LITALICOジュニア」)に加え、障害のある子どもの家族向けライフプランニングサービスや業界全体の質向上に寄与する福祉施設向け業務支援サービスも開始しました。また障害分野で培った知見を活かし、一般教育領域でもIT×ものづくり教室「LITALICOワンダー」を展開しています。2016年3月に東証マザーズに上場、2017年3月に東証一部に市場変更しました。詳細はhttp://litalico.co.jp/ をご覧ください。