企業・当事者が互いを「知る」ニーズに対応、毎回定員を大きく超える参加者が来場

「障害のない社会をつくる」というビジョンの下、障害者向け就労支援事業や子どもの可能性を拡げる教育事業を全国展開する株式会社LITALICO(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:長谷川敦弥、証券コード:6187)が運営する障害者のための就労移行支援事業所「LITALICOワークス」は、就職を希望する障害のある方と障害者雇用を推進したい企業が顔を合わせ、相互理解を深めることを目的とした「合同企業説明会」を、3月17日(金)に大阪、3月22日(水)に沖縄、3月24日(金)に宮崎で、それぞれの府県で初めて開催します。障害者雇用を検討する企業約10社がブースを設け、就職を希望する障害のある方へ企業説明などを行います。

■ 「合同企業説明会」開催の背景と開催後の反響
民間企業で働く障害者の数は年々、増加し続けているものの、法定雇用率(2.0%)を達成した企業の割合は48.8%(厚生労働省「平成28年障害者雇用状況の集計結果」より)と、依然として半数に満たない状況にあります。2018年度からの精神障害者の雇用義務化に伴い、法定雇用率の引き上げも予測され、障害者雇用への企業の関心は高まっていますが、実際に就労を希望する障害者の姿が見えづらいことから、積極的な雇用に踏み切れない企業も多いのが現状です。雇用につなげるためにまず障害者の姿を知る場が求められています。

一方、就職を目指す障害のある方にとっても、企業のことをよく知り、働く不安を解消する上で、ホームページなどから得る情報だけでなく、企業の生の声に触れる場を通して就労意欲を高め、自身の成長につなげるきっかけを提供することが重要と考えられます。

こうした背景から、LITALICOワークスでは企業と障害のある方の相互理解を深める場をつくることを目的に、「合同企業説明会」を昨年秋から開始、東京・横浜・札幌でこれまで計4回開催しています。毎回、定員を超える参加をいただいており、2月に東京(新宿)で開催した際には予定50名のところ倍以上の102名が来場。参加者からは「どの企業も本気で採用を考えているのが良くわかった」「企業の生の声が聞けて、また企業の求めている人物像もわかり、就職活動の参考になった」など、企業理解につながったと好評の声をいただいています。

■ 3月開催「合同企業説明会」について
今回、大阪・沖縄・宮崎の3府県では初めての開催となる「合同企業説明会」では、障害者雇用を今後推進していきたい企業約10社が参加し、一般企業での就職を希望する障害のある方に対し、自社の企業概要や障害者採用の取り組みについて説明を行います。一回ごとのセッションはブースに分かれた少人数となるため、相互にコミュニケーションを取りやすく、企業と障害のある方が双方の理解を深めていただきたやすい環境を提供します。

また、会場内ではLITALICOワークスからもブースを設け、就職活動や働くことに関する悩みに対する個別相談も受け付けています。「仕事が長く続かない」「就職活動がうまくいかない」などの相談に対し、個別にアドバイスを行います。

<開催概要・参加申し込み/お問い合わせ>
・3月17日(金)大阪開催:https://works.litalico.jp/seminar/post/oosaka_kigyou_setumei/
・3月22日(水)沖縄開催:https://works.litalico.jp/seminar/post/kigyou_setumei_okinawa/
・3月24日(金)宮崎開催:https://works.litalico.jp/seminar/post/kigyou_miyazaki/

<ご参考 : LITALICOワークスについて>
当社は、精神障害(統合失調症やうつ病など)・発達障害(アスペルガーやADHDなど)・身体障害・知的障害・難病の方を対象とした就労移行支援サービスを提供しており、現在、全国59ヶ所で就労移行支援事業所「LITALICOワークス」を展開しています。仕事に役立つビジネススキル・コミュニケーション能力を身に付ける職業訓練や就職活動対策を行うほか、職場での体験実習の提供を通して、企業が求める人材へのステップアップを障害の種別を問わずサポートしています。地域の支援機関・医療機関と連携を図りながら、一人ひとりの状況に合わせた最適な訓練プログラムを設定するほか、実体験を通じて「自分らしい働き方」を考える機会を提供するため、実践に近い環境でのインターン先を多数用意しています。

【LITALICOについて】
LITALICOは、2005年12月設立以来、日本における社会問題としての「障害者雇用」分野に着目し、一法人としては全国最多となる全国59拠点で就労移行支援事業所「LITALICOワークス」を展開しています。企業向けの障害者雇用支援から始まった事業は、現在では障害者向け職業訓練事業、そして障害者の家族向け事業や教育事業など、その領域を広げています。ソーシャルスキル&学習教室「LITALICOジュニア」を首都圏と関西地方に76教室、IT×ものづくり教室「LITALICOワンダー」を首都圏5教室(いずれも2017年3月時点)開校しています。2016年3月、東証マザーズに上場しました。詳細はhttp://litalico.co.jp/をご覧ください。