会社情報

アドバイザー(顧問)紹介

井上 雅彦鳥取大学大学院教授/
臨床心理士/専門行動療法士/
自閉症スペクトラム支援士(エキスパート)

略歴
応用行動分析学を理論的基盤として「環境」と「個人」の相互作用から「行動」を捉え、さまざまなレベルでの「障害」や「不適応状態」について、「環境」と「個人」の両方向からの心理的支援や教育を研究。 ペアレント・トレーニングシステム、強度行動障害研修プログラム、不登校支援プログラムなどの支援プログラムを開発し、株式会社LITALICOの教育事業LITALICOジュニアのプログラム監修も務める。
『家庭で無理なく楽しくできる生活・学習課題46―自閉症の子どものためのABA基本プログラム (2008年,学研)』、『8つの視点でうまくいく!発達障害のある子のABAケーススタディ―アセスメントからアプローチへつなぐコツ(平澤紀子・小笠原恵共著,2013年,中央法規出版)』など著書多数。

田中 康雄 北海道大学名誉教授/
こころとそだちのクリニックむすびめ院長/精神保健指定医/
児童精神科医/臨床心理士

略歴
1983年、獨協医科大学医学部を卒業後、旭川医科大学精神科神経科に入局。
国立精神・神経センター精神保健研究所児童・思春期精神保健部児童期精神保健研究室長を経て、2004年、北海道大学大学院教育学研究科教授。2012年、同大学名誉教授に就任、こころとそだちのクリニックむすびめを開院し、院長を務めている。
主な著書は、『支援から共生への道』(2009 慶應義塾出版会)、『発達障害の子どもの心と行動がわかる本』(2014監修 西東社)などほか多数。

橋本 大二郎武蔵野大学客員教授/
慶應義塾大学特別招聘教授/
前高知県知事

略歴
1972年、慶応義塾大学を卒業とともに、NHKに入局、福岡・大阪で取材活動にあたる。
1981年に社会部記者として宮内庁・皇室を担当。
1989年、昭和天皇の崩御と、現天皇の即位の報道に携わり、1991年からは4期16年にわたり、改革派知事の一員として、高知県知事を務める。
2007年に高知県知事を退任後は、2010年から慶応大学特別招聘教授や武蔵野大学客員教授などを務めるかたわら、幅広く、社会起業やNPO活動の支援にあたる。
また、2014年からテレビ朝日「ワイド!スクランブル」キャスターを務め、現在に至る。

寺脇 研元文部科学大臣官房審議官/
京都造形芸術大学教授/
映画評論家

略歴
東京大学法学部卒業後、1975年文部省(当時)入省。大臣官房審議官(生涯学習政策担当)、文化庁文化部長などを歴任。ゆとり教育、脱偏差値、学校週5日制、総合的な学習の時間など、生涯学習の考え方に立ち積極的に教育改革に取り組む。2006年11月退官。
著書に、『「学ぶ力」を取り戻す 教育権から学習権へ』(慶應義塾大学出版会)、『文部科学省』(中央公論新書ラクレ)、『大田堯・寺脇研が戦後教育を語り合う』(学事出版)など。